式までの計画
新郎新婦と傘

結婚式と言っても色々なスタイルがあります。
カップルの4割近くは神前での挙式を選択していますし、伝統を重んじる人は仏前結婚式を望みます。
しかし、最近ではウェディングドレスを着たいと言う女性がかなり多いこともあって、教会で挙式をする人がどんどん増えてきています。
一番ポピュラーな挙式スタイルとさえ言われています。
また、近年増えてきているのが個性的な結婚式です。
教会や寺や神社と言う場所ではなく、自分達の思い出の場所や、昔から憧れていたスポットで挙式するカップルが増加傾向にあります。
利用される場所で多いのは、船やガーデンやプールサイドで、水族館で挙式をした人も存在します。
また、海外挙式も高い人気を誇っています。

自由で個性的な結婚式と言っても、国内で行う場合はそこまで苦労はしません。
しかし、海外挙式の場合は移動だけでも大変です。
事前の準備がかなり重要になってきます。
海外で挙式をするならば、一から言葉を覚えるとまではいかなくても、挨拶程度は覚えることが基本です。
また、現地の文化についてはよく理解しておきましょう。
そして、衣装や指輪を現地で調達するのはかなり難しいので、事前に用意してから行くことです。
海外挙式の式場と言えば教会を思い浮かべる人がほとんどだと思いますが、最近は古城での挙式が人気になっています。
しかし、個人で教会や古城を予約するのは困難なので、旅行代理店やプロデュース会社に依頼するのが基本です。